アプリケーション、データベースのモダナイゼーション

目次

1. はじめに

2. クラウドネイティブ アプリケーション

    • Cloud Run + Cloud Firestore

    • Cloud Run + Cloud Spanner

3. ハイブリッド クラウドとマルチクラウド

    • GKE + GKE On-Prem

    • マルチクラウド パターン(GCP + AWS)

    • Cloud SQL とオンプレミス環境のデータベース同期

4. DevOps、アジャイル開発のための CI / CD パイプライン

    • Google Cloud での CI / CD

はじめに

E コマースやオンライン ゲームなど、インターネットを使ったサービスが当たり前に利用されている現代、誰もがスマートフォンやタブレットなどの端末を持ち、時間と距離を超えて多種多様なサービスを享受しています。

このような環境下において、サービスを提供するアプリケーションは、ビジネスの成功を左右する大きな要因であり、競合に先んじて、新サービスや新機能をいかにタイムリーに市場に投入していくか、ビジネスの成長に併せていかにシステムをスケールさせられるか、こうした点が各企業の課題となっています。

これらの課題を解く 1 つの手段として近年、アプリケーションおよびデータベースのモダナイゼーションが注目されています。モダンなテクノロジー スタックを採用し、追加 / 変更に強いシステム アーキテクチャを構成することで、高速なリリース サイクルを実現し、ビジネスの成長に併せてシステムを柔軟にスケールさせていくことが可能になります。

具体的には、以下の技術的アプローチを採用します。

  • マイクロサービス化

  • コンテナを活用したインフラストラクチャとアプリケーションの疎結合化

  • サーバーレスの導入

  • 自動化(CI / CDなど)

  • マネージド サービスの活用

本章では、Google Cloud やハイブリッド環境において、上記の技術的なアプローチをどのように実践していくかを解説します